2009年ヒット商品番付で知らないもの、気になったものを調べて見ました

2009年のヒット商品番付で、今まで知らなかったものや、気になったもの、その商品と関係する会社などを調べて見ました。
参考:2009年ヒット所品番付


まず、気になっているものを挙げてみます。
①横綱と大関の「ファストファッション」「990円ジーンズ」
これは知ってるけど、かなりブームになっているし、一番気になっていることです。
990円ジーンズはユニクロの低価格ブランドだし、ファストファッションは低価格の洋服。ファストファッションの代表的な企業は、これまたユニクロ。あと、海外勢の「H&M」、「アバクロ」、「フォーエバー21」などなど。
全部がSPA(製造小売)で、「GAP」「ベネトン」とかとも近そうな感じだけど、ファストファッションの
顧客ターゲットは10代後半から20代前半の女性向けが中心でより価格帯が安い。
安いのに、機能面やオシャレ感が出ているし、買う側も安いブランドに抵抗が無くなっている。企業側のマーケティング戦略とか買う側の意識の変化とかが気になってます。日本人ってブランド力に弱くて、ちょっと前までは、表参道のブランド通りとかがもてはやされていたのに、一気に日本人の意識が変わって来た感じがします。お店側も安くてもオシャレ感を出すマーケティング方法とかを調べてみたいです。
個人的な理由で、CMに押切もえを起用したり、CANCAMや東京ガールズコレクションとかとの連動についても興味があります。
下取りセール
イトーヨーカ堂でやっている買取サービス。実質的な値下げと一緒だけど、普通に値下げをしただけだと効果が低いので、別のアプローチから行っている。消費者に対するアピール力は高いし、財布の紐もゆるくなって、新たな商品を余計に買いそう。JR東日本の乗り放題パスも同じような戦略だと思うので、新しい価格戦略の一つとして調べてみたいです。
ラン&バイク勝間本めざめるカラダ朝カレー 
どれも関係してなさそうだけど、このブログの主要課題のひとつである効率化に深く関わっていると思う。勝間さんの本に載っているけど、夜は早く寝て、朝は早く起きて、カレーでしっかりと食事を摂って、ラン&バイクで時間節約と運動を兼ねて出勤という流れ。広い意味では、ポメラVAIO type Pも情報管理の効率化ということで近そう。
ハイボール1Q84とめざめるカラダ朝カレーフィッツ
これらの共通点は、商品自体はあまり変わらないけど、商品以外のマーケティングとかでヒットした物。経済の成熟化で、商品自体において差別化が難しくなってきたから、パッケージとかマーケティングで差別化をしている。こないだ阿部ちゃんのCMで売り出された「いろはす」とかも同じ方向性。これからの商品売り出しの肝となりそうなので、各企業の戦略に注目したいです。
「い・ろ・は・す 1、2、3。」篇
佐藤健 佐々木希 CM ロッテ フィッツ Fit’s
佐々木希かわい~ハートたち(複数ハート)
つづいて、知らなくて、ヒット番付見て初めて知って調べたもの。
①キリンフリー(キリンビール)
http://www.kirin.co.jp/brands/kirinfree/
アルコール度数が0%のビール。飲酒運転の厳罰化に対応したんだね。
②ハイボール(サントリー)
サントリーのサイト昔流行った、ウイスキー。お酒は疎いので、今度飲んでみようと思います。
③ビアンタ(ホンダ)
http://www.honda.co.jp/tiller/pianta/
家庭菜園向けの耕運機。今、農業とか流行ってるしな~
④ベイブレード(タカラトミー)
http://www.takaratomy.co.jp/products/beyblade/
新しいベイゴマ。
⑤ポメラ(KING JIM)
http://www.kingjim.co.jp/pomera/
折りたためるキーボードの付いてるデジタルメモ。こんな感じのキーボードをiphoneに外付けしたいです。
⑥日清GoFan(日清)
日清のサイト
レンジでお米を炊けるらしい。タッキーがCM
⑦トレンカ
参考サイト
確かに履いている子いるわ~。名前はじめて知った。でも僕はニーソックスの方が好きです。
⑧sweet(宝島社)
http://tkj.jp/sweet/2009July/
ファッション雑誌。ふろくが豪華らしい。
⑨まきばの空(森永乳業)
http://www.morinagamilk.co.jp/products/drink/detail.php?brand_id=254
牛乳。今度飲んでみよ~
てな感じです。
不景気のせいか、安い系、お得系、日常品系、近い系、こもり系が多いですね。