read it laterをiftttで自動的にEvernoteと連携する

2012-02-15 11h26_04.gif
iftttの具体的な使い方について書こうと思います。
ここでは、一つの例として、
iftttを使った上で、
read it later上で後で読むに登録した記事を
自動的にEvernoteと連携させ送ることで、
全ての情報をEvernote上で一元管理する方法を書いてみます。

なぜ、Evernoteに集めるのか

2012-02-15 12h02_56.gif
各種設定を行う前に、なんで、わざわざ、
read it laterで登録したものを、わざわざEvernoteに
自動連携して送るのでしょうか?
もちろん、それが便利だからですが、
、、、。
というのも、全ての情報をEvernoteに集約することで、
情報を一元的に管理出来るからです。
例えば、日常のメモやアイデアに関して、
PCからでもiPhone等スマフォからでも、
各種アプリやブラウザでのアドオン、メールなどで
送れたりできます。
僕の場合、はてなブックマークも使っているのですが、
そのはてぶの情報も、自動連携でEvernoteに同期しております。
参照:【はてなブックマークはEvernoteへ自動的に送って同期させる】
そして、検索性にも優れているので、
これらの上記の情報を一気に探すことが出来るのです。
そんな便利なEvernoteに、read it later の情報も
まとめて置けば、あの時見ておいたサイトを
もう一度見たいとなった時にも楽々検索出来るのです。

read it laterは便利なブックマークサービス

2012-02-15 12h01_32.gif
read it later の便利なところは、
世界的なサービスのせいか、
いろんなデバイス、ブラウザ、アプリサービス等々との
接続がしやすく、便利なのです。
例えば、iPhone版twitterに元から組み入れられていたりと、
はてぶとかよりも、楽チンにブックマーク出来るかなとも思います。
はてぶよりも、他のツールとの連携が優れていたり、
また、はてぶとread it laterとの使い分けをしたりと
色々な使い方があります。

read it laterの設定方法

read it later を各種デバイスやブラウザに
導入する設定方法については、
リンク先に書いてあります。
なので、read it later をまだ各種デバイスや
ブラウザに導入してなければ、設定してみてください。
参考:【read it laterの設定方法】

iftttの設定方法

それでは、そんなread it laterを、
iftttを使って、Evernoteと自動連携する
ための設定の方法です。
まずは、iftttにおいて、設定しまう。
2012-02-07 18h14_28.jpg
「this」部分には、read it later のunreadのRSSを登録します。
2012-02-10 06h52_58.jpg
前回の記事に書いたのですが、ここにread it laterを直接登録して
しまうと、read(既読)の情報が流れてきてしまうので、
ここでは、unread(未読)情報をRSSで登録しておきます。
参考:【iftttで、read it laterのunread(未読)を送る方法】
2012-02-10 06h30_40-2.gif
2012-02-10 06h53_11.jpg
read it later の「unread(未読)」のRSSを登録します。
2012-02-10 06h53_27.jpg
このRSS名ですが、
http://readitlaterlist.com/users/アカウント名/feed/unread
です。
このアカウント名の部分には、
自分のread it later のアカウント名を入れて下さい。

追記:RSS登録時のエラーについて

このread it laterのRSSをiftttで登録しようとした時に、
エラーが起きてしまう事があるとの、コメントを受けました。
こういうことね↓↓
2012-02-20 19h17_10.gif
そうしたら、解決方法についても、コメントでお教え頂けたので、
その方法についても記述しておきます。
問題なく、RSSを登録出来た方は、飛ばしちゃって下さい。

エラーの解決法

問題点は、read it laterのRSSのセキュリティ設定のため
らしく、そこの設定を変える必要があります。
read it laterの設定画面を開きます。
2012-02-20 19h12_07.gif
Privacy Controlを開きます。
2012-02-20 19h12_21.gif
以下の画面が出てきたら、クリックします。
2012-02-20 19h15_01.gif
そうすると、このような画面になるはずです。
2012-02-20 19h15_59.gif
この画面が出ていたら、問題なく、
ifttt上において、RSSの登録が出来ます。
コメント欄において、
問題を報告して頂けた方、また、お教え頂けた方、
本当にありがとうございました。\(^o^)/
(追記終わり)
====================================

iftttでEvernoteの設定を行う

注)もし、Evernoteをiftttに未登録の場合は、
Evernoteの承認を行なっておいて下さい。
2012-02-15 11h57_03.gif
続いて、先ほどの「that」部分に、Evernoteの設定を行います。
2012-02-10 06h54_15.jpg
こちらは、素直にEvernoteを選択。
2012-02-15 11h39_51.gif
Create noteを選択。
2012-02-15 11h41_36.gif
Evernoteに流す情報を決めておきます。
2012-02-15 11h46_23.gif
ここで、重要なのが、Bodyの設定で、
僕の場合次のようにしております。

{{EntryPublished}}
EntryTitle:{{EntryTitle}}
EntryUrl:{{EntryUrl}}

こうしておくことで、Evernoteのノート内に、
記事のタイトルと、URLとを記述出来るので、
後から検索する時に便利になるのです。

実際に使ってみた

Chromeを例にしてるのですが、posthocというアドオンを使っております。
今見ているサイトをread it laterに追加するのは簡単です。
2012-02-15 12h56_10.gif
しばらく、Evernoteにも自動的に追加されます。
2012-02-15 13h36_29.gif
簡単です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です