後で読む(Read it later)を必ず読む使い方

0017.jpg
後で読みたいブログ記事やWebサイトを貯めておくことが出来る「Read it later」。
便利ですよね。
Read it laterは、その名のとおり、「後で読む」ものなのです。
しかし、わざわざRead it later にログインするのは面倒なので、結局読まずじまいになってしませんか?
そこで、Read it later を後で必ず読む方法を考えてみました。

Read it laterのアカウントを作り設定を行う

※Read it laterを既に使っている方は飛ばしちゃって下さい。
まだ、Read it laterのアカウントを持ってない方は、まずは、Read it laterで登録してアカウントを取って下さい。
Read it later
0007.jpg

登録するだけなので簡単です。
登録し終わったら、Read it later にどこからでもブックマーク出来るように、PCのWebブラウザとか、RSSリーダー、iPhoneのsafariだとかBylineだとかの各クライアントで設定しておきましょう。
それぞれの環境に合わせた設定方法は別の記事にまとめてあります。
参考:【read it laterの設定方法】

read it laterを必ず後で読む使い方

さて、read it laterを使って、後で読みたいサイトやブログ記事を
記録しておいたのですが、その未読(unread)であるサイトは、
後で必ず読まないと意味がありません。
僕は、データを後で必ず読むために、read it laterの
未読(unread)のサイト情報を、Gmailやらtwitterやらに
送っております。
Gmailとかtwitterなどは、自分で定期的に目を通すために、
そこに送られた未読(unread)のサイト情報は、
必ずや一回は目を通すことになるのです。
図にするとこんな感じです。
0016.jpg

iftttを使うと便利

2012-02-10 06h30_40.gif
さて、この情報の流れを自動的に行うために、
iftttというサービスを利用しております。
このiftttとは、各種ツールの情報をつなげることが出来る
非常に便利なサービスなのですが、
これを使うことで、
read it laterのunread(未読)情報を、
各種ツールへと自動的に流すことが出来るのです。
このiftttを使って、read it laterのunreadを
流す方法は、別の記事に書いてあるので、
次の記事を参考にしてみて下さい。
参考:【iftttで、read it laterのunread(未読)を送る方法】

read it laterではRSS情報を使う

なお、このiftttの使い方については、
上記記事を参考して頂きたいのですが、
この時にread it laterのunread(未読)情報を得るためには、
read it laterのRSS情報を使うことに注意しておいてくだい。
このread it laterのRSS情報は、
http://readitlaterlist.com/users/read it laterのアカウント名/feed/unread
となっております。
アカウント名は自分のRead it laterのアカウント名を入れるだけです。

使い方①:メールで後で必ず読む

read it laterの登録や、iftttの設定はお済みですか?
以上が終わったら、read it later のunread情報を、
iftttから、流す先の設定をしましょう。
まずは、unreadの情報をメールに流す方法です。
2012-02-17 13h12_26.gif
これは、メールチェックは、必ず行うものであり、
そんなメールに、read it laterの情報を流せば、
後で必ず読むことが出来るからです。
iftttにおいては、上記のようにread it laterのRSSの
設定したら、「that」側には、メールの設定をします。
2012-02-17 14h40_39.jpg
そうすると、iftttに登録しておいたメールアドレスへと
read it laterのunread情報が送られます。
メールの内容の設定はこんな感じで。
2012-02-17 13h36_40.jpg
以上の設定を行うと、メールアドレスへと、
後で読む情報が届きます。
2012-02-17 14h20_06.gif
続いては、unread情報を、twitterへと流す方法です。

使い方②:twitterで後で必ず読む

2012-02-17 02h13_23.gif
これも、途中までは、メールへと送る方法は同じで、
iftttの「that」の設定を変えればよいだけです。
もちろん、twitterのアカウントを設定します。
2012-02-17 14h53_14.gif
あとは、twitterに載せる内容を決めて設定するだけです。
2012-02-17 15h30_23.gif
そうすれば、指定したtwitterにread it laterの
unread情報を飛ばすことが出来ます。
2012-02-17 15h13_31.gif
twitterとは、ついつい定期的にもはや中毒的に
見てしまうものであり、それを生かしてみようという
使い方です。

使い方③:RSSリーダーで後で必ず読む

さて、続いては、RSSリーダーで、
read it laterのunreadを後で必ず読む方法です。
これは、より簡単で、iftttさえも通す必要がありません。
なぜなら、上記のiftttに登録した、
read it laterのunreadのRSSを、
直接、お使いのRSSリーダへと登録しておけば良いだけですから。
先ほどの、
http://readitlaterlist.com/users/read it laterのアカウント名/feed/unread
ですね。

丸ごとRSSを使う方法も便利

これだけでもRSSリーダーで読むことが出来るのですが、
丸ごとRSSを使うとより便利です。
2012-02-17 16h22_06.gif
まるごとRSSはウェブ上で部分配信フィードを
全文配信フィードに変換するツールであり、
つまり、
read it laterの情報も、RSSリーダーで読む時には、
そのunreadの文章全体を表示してくれるのです。
設定の方法は簡単で、先程のread it laterのRSSを
丸ごとRSSに登録するだけです。
すると、全文RSSフィードへと変換されます。
2012-02-17 16h26_07.gif
あとは、これを、お使いのRSSに登録するだけです。
すると、こんなふうに全文が表示される状態になるので、
すらすらと読んでいくことが出来て便利なのです。
2012-02-17 16h41_44.gif

Evernoteにも送っておくことで、より便利

2012-02-17 02h13_53.gif
さて、このread it laterで登録したサイト情報ですが、
上の方法と並行して、Evernoteにも送っております。
Evernoteは、非常に検索性に優れているものであり、
その他のメモ等と併せて記録出来るので、
後から、情報を探すのに便利なのです。
その方法については、別の記事に書いておきました。
参照:【read it laterをiftttで自動的にEvernoteと連携する】
こうしておけば、外でiPhoneでtwitter見てて、
気になったリンクなどがあったりしても、
それをReadi it laterにすぐさまブックマークしちゃって、
後で、まとめてそれらのページを読んじゃいます。
時間を有効に使えるし、後で読もうとしてた
ものを読み落とすことが無くなったので便利でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です