アイデアメモにはGmailが一番の理由

皆さんは、ふと思いついたアイデアやメモ、気づいた事とかをどのようにメモっていますか?
手帳に書く、携帯に書く、Evernoteに書く、、などなど色々な方法がありますよね。
私の場合、非常にシンプルにGmailに書いてメモとして残しておきます。
このGmailに残しておく方法は、PCからもiPhoneからも、漫画喫茶でもいつでもどこでも確認することが出来るので、非常に重宝しているわけです。
011103.gif


このやり方は非常にシンプルで簡単です。
PCを開いている時は普通にブラウザでGmailを開いて、メールを書くかのようにメモを書いて、下書きに保存しておくか、もしくは自分で自分のGmail宛てに送ってしまうのです。
PCを開いていない時は、iPhoneなりガラケーなりで、同じく自分のGmail宛てにメールを送ってしまうのです。

Gmailをメモとして使う理由

やはり、PCでも、外出先でも、ベットでもどこでもメモれるし、確認も出来るということが大きいです。
メモをGmailというクラウド環境においておくことで、いつでもどこでも書き込んだり、見直せたり、書き直すことが出来るのです。
色々な情報術で言及されていることですが、アイデア、日常生活でのメモなどを、それを思いついた時に、即記録に残しておくというのは非常に重要で、それを後々に見直したり、調べてみたりする事で、役に立ったり、知識になったりするのです。
また、私にとっては、Gmailは言わば、ToDoリストでもあります。
というのは、Gmailはほぼ毎日確認して、処理していくことが習慣付けられているので、わざわざメモアプリを確認しにいかなくても、メールとして残しておけば、それはToDoのような物なのです。
せっかく浮かび上がったアイデアを見直さずに記憶の彼方へと追いやってしまうのは勿体なく、せめて一回で良いから目を通すことが大切だと思い、このGmailにメール的に残しておくことで、メールを処理する時にでも、それらの以前に書いたメモを同時に確認することが出来るのです。
思考の整理学によると、アイデアには醗酵期間のような、ちょっと時間を置くということが大切らしいのですが、アイデアメモを書くということと、そのメモを後で見直すという、2つの過程を自動的に行うことが出来るのです。
そして、ちょっと時間を置かせてみたアイデアとかも、見直してみてゴミアイデアだと思ったらアーカイブ処理して忘却してしまい、ちょっと使えそうだったらそのまま未処理メールとして残しておいたり、また、さらに醗酵させたり、深く考えたり調査するなどして、その結果を自分情報データベースであるEvernoteに移したり、ブログのネタとして使ったりします。
思考の整理学 (ちくま文庫) [文庫] / 外山 滋比古 (著); 筑摩書房 (刊)

メモにEvernoteを使わない理由

2011-01-10 21h44_51.gif
「すべてを記憶する」がコンセプトのEvernoteをメモとして使う手もあります。
しかし、私の場合、ポット出のアイデアと、それを醗酵させて成熟させた情報とを分けたいのです。
Evernoteは情報のデータベースとして利用していることから、単に思いついたことなどをつらつら書くのは嫌で、それなりの加工をするなどして使えるような情報だけを保存しておきたいのです。
使えなさそうなポット出の思いつきなどは、Evernoteには移さず、Gmail上においてアーカイブ処理するだけなのですが、Gmail上には残っているので、後でふと使いたくなった時には、Gmail検索すれば良いだけですしね。
処理方法はこんな感じですね。
011105.gif
Gmailにあるメモのうち、あまり役に立たなさそうなごみメモはそのままアーカイブ処理しちゃって、役に立ちそうなメモは、Evernoteへとメール送信しちゃいます。

ちょっとしたコツ

まあ、こんな風なことから、Gmailをアイデアメモに使っているわけですが、メモり方の快適さは常に追及する必要があると思うのですよ。
簡単、スピード、明解じゃないと、せっかくメモ方法を考えても、絶対に破綻してしまうのですよ。
そこで、私の行っているちょっとしたコツのうちいくつかを。

iphoneからは、Fastmemoを使う

2011-01-10 21h38_55.gif
iPhoneのメールアプリから、メモを自分宛に送ろうとした場合、いちいち送信先を指定するのは、面倒ですよね。
そこで、使っているのが、このFastmemoなのですが、これは、予め自分のGmailアドレスを登録しておけば、メモを書くと自動的にそのGmailアドレスへと送ってくれるのです。
しかも、非常にシンプルなので、かつかつ軽いのです。

もちろんGmailで直書いてもOK

上記のFastMemo。これはこれで便利なのですが、新規のメールしか作れないのです。
そこで、一度書いたメモメールを編集したい時は、普通にメールアプリから、メモメールを編集したりします。
iOS4を使えば、iPhoneのメモがGmailと同期できる : ライフハッカー[日本版]

送信せず、下書きのままでもOK

私の場合、何か文章を書く時にも、Gmailを多様しているのですが、この場合、一度自分宛に送信し、その受信メールは再編集することが出来ないのです。
そこで、何度か推敲が必要だったり、あらかじめ書き加えることがわかってたりするメモや文章は、送信を行わず、下書きのまま置いておいたりします。
そうすれば、後で編集出来るし、下書きボックスに入っているものは、未処理のものなので、それの処理に意識を集中させれば良いのです。

スケジュールToDoも、gmailにあるけど気にしない

私の場合、Gmailには、メモだけでなく、スケジュールToDoなども入っているのです。
メモやアイデアとToDoがごっちゃになっているので、それが嫌な人もいるでしょうけど、私の場合は逆に便利なのです。
 例えば、「Aさんに、Bについて調べて電話する。」といった予定があるとします。
これは、ToDoでしょうか?それとも、メモでしょうか?
もし、ToDoアプリやメモアプリを使っていた場合、どちらに入れれば良いのか迷うかもしれませんが、そんな所で迷い道に入り込みたくないのです。
だからこそ、そんな時でも迷わずに、Gmailに一つにまとめちゃえば良いのです。
GmailはToDoリストであり、メモなので、そこに貯まっているものを、処理すれば良いだけなのです。
ちょっと長かったですが、Gmailをメモアプリとしての使い方だけをつらつらと書いちゃいました。
いろんなアプリを使いこなしたり、同期させたりとか色々な方法があるけど、私の場合色んなものを使ったりすると混乱して分からなくなっちゃうので、出来るだけシンプルにわかりやすくをモットーに使っています。