CalDAVでgoogleカレンダーとiPhoneを同期させる方法

0306.jpg
普通にGoogleカレンダーと、iPhoneを同期させるだけなら、前回の方法で大丈夫です。
複数のgoogleカレンダーとiPhoneを同期させる
しかし、例えばカレンダーの色指定を同期したい等の細かい設定まで同期出来ないので、細かい所まで同期させたい場合は、このCalDAVを使って同期させます。
私の場合は、カレンダーごとに設定してあるデフォルトの通知設定(リマインダ機能)が、iPhoneから予定を新規入力した場合に反映されなかったので、一部のカレンダーはCalDAVで同期させています。
では設定方法です。

カレンダーのアドレスを把握しておく

CalDAV方式による同期の場合、すべてのカレンダーを一気に同期させることは出来ないので、それぞれのカレンダーごとに別々に同期設定を行う必要があります。
まず、Googleカレンダーのそれぞれの個別のアドレスを把握しておくことが必要です。
なので、Googleカレンダーの設定ページで、それぞれのカレンダーの個別アドレスを調べてください。
それぞれのカレンダーごとに。
0301.jpg
個別アドレスがあるのでこれをコピペでメモ
0302.jpg
個別アドレスを把握したら、今度はiPhone側の設定を行います。

iPhone側でCalDAV設定する

メール/連絡先/カレンダーを選択。
0303.jpg
アカウントの追加を選択。
0304.jpg
その他を選びます。
0305.jpg
CalDAVアカウントを追加を選択。
0306.jpg
このページで必要事項を入力していきます。
0307.jpg
サーバー欄:
https://www.google.com/calendar/dav/************@group.calendar.google.com/user
と入力します。
この「************@group.calendar.google.com」には、メモっておいた、それぞれのカレンダーの個別アドレスを入力して下さい。
ユーザ名:
~~~~@gmail.com
御自分のgoogleのアカウント名を入れてください。
パスワード
google calendarのパスワード
説明:
何でも良いのですが、googleカレンダーと同じ名前でも付けておきましょう。
以上で設定は終了です。
複数のカレンダーを同期させたい場合は、この設定をそれぞれのカレンダーごとに繰り返し行ってください。
このCalDAV方式による同期は、google syncに比べるとちょっと面倒かもしれませんが、出来るだけ同期度を高めたい場合はこちらの方が優れているので、それぞれのカレンダーの使い方ごとに使い分けていくと便利ですよ。

おすすめアプリ

基本的には、標準のiPhoneカレンダーしか使っていませんが、週全体や月全体の予定を確認したい時だけさいすけを使っています。

0211.jpg


SaiSuke (Google Calendar™ Sync) – Mobile Saysoft,Inc.