「iPhoneやめました」について考える

この頃なんか話題になっていたITメディアの記者コラム「iPhoneやめました」について考えてみました。
iphne.gif


内容の方は、ITメディアの記事を見ていただければ良いのですが、記者がiphoneを辞めた事についてその理由が書いていました。
まとめると、

 ・片手でiPhoneを打てないから
 ・ナビの精度やスピードで他社に劣っていたから
 ・おサイフケータイを使えないから
 ・mixiやGREEなどで使われているFLASHが見られないから
 ・iPhone 3Gのタッチパネルだとキーボードをプチプチ押す楽しさがないから

とのことでした。
記者さんは普通の携帯とiphoneと二つ持ちしてたのが、一つにまとめるためにiPhoneを切り捨てたらしいですね。
この記事を読んで、私も今はiPhoneとDocomoの携帯の二つ持ちをしてるのですが、確かに一つにまとめるとなると悩むところです。
今の私の使い方としては、

Docomo ⇒ 電話、携帯メール、お財布携帯。
iPhone ⇒ PCメール、スケジュール帳、EvernoteDropboxなどを使って情報管理、そのインプット手段としてのカメラとレコーダー、六法や大辞林などの辞書ツール、mixitwitterなどのコミュニケーションツールとして

てな感じです。
iPhoneの使い方は携帯電話としてよりも、PCや電子辞書などの電子ガジェットを一つにまとめるような使い方をしています。
Docomo携帯とiPhoneのどちらか一つをとらないといけない究極の選択を迫られたらどうすれば良いのか非常に困るところです。iPhoneでのスケジュール管理や情報収集に慣れてしまった今となってはそれらが無くなるのも面倒だしなぁ、、。
結論にはなりませんが、やはり、iPhoneとDocomo携帯の二つ持ちが最良の選択だなぁ~と思います、、。
スケジュール帳として使っているので、iPhoneを見ながら、Docomo携帯で電話したりするので、どちらともが必須の道具です。
そういえば、上記の記事で片手でメールは打ちにくいとあるけど、両手でやらないで、普通の携帯のように片手でフリック入力したほうがやりやすくない?これは私だけかな?
PCとかiPhoneとか携帯とかの電子ガジェットって本当に種類が多くなって、組み合わせとかその使い方は何万通りも見つけられるから、その中から自分に合った方法を自分で見つけて行くべきなんですね。
iPhoneは便利で持つ人も多くなり、「キャズムを超えた」とか言われるけど、普通の携帯に比べたら説明書も無いような面倒くささなので、パソコンとかあまり使わない人にとったら面倒極まりない商品だなぁとも思います。
「iPhone VS 普通の携帯」の闘争構造はありますが、1ユーザーとしては、美味しいとこ取りをすれば良いだけなんで。 
でも、「サンシャイン牧場」にこの頃はまっている私としてはぜひiphoneでも対応して欲しいです。
あと、上記の記事でiPhoneは電話契約を切っても無線LANなどを使えばiPodtouch的に使えるのが分かりました。そうすれば、イーモバのPocket Wifiと合わせて使うことも出来ますね。
また使い方についての悩みが出てきそうです。
iPhoneの使い方を超えた、仕事術まで書いてます↓

iPhone情報整理術 ~あなたを情報’’強者’’に変える57の活用法!(デジタル仕事術シリーズ)

iPhone情報整理術 ~あなたを情報’’強者’’に変える57の活用法!(デジタル仕事術シリーズ)

  • 作者: 堀 正岳
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2009/10/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)