@kogure さんの本を読んで。ツイッター140文字が世界を変える

ツイッターをはじめたものの、その効用というか、長所があまり分からなかったので、とりあえず読んでみることにしました。

ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)

ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)

  • 作者: コグレ マサト
  • 出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ
  • 発売日: 2009/10/09
  • メディア: 新書




書店に行ったら、ツイッター本がいくつかあったけど、地域的な親近感から、ネタフルのコグレマサトさんの本を購入しました。
面白かったところとしては、
・企業におけるツイッターの使い方。特に朝日新聞の例。
・ツイッターでの「フォロー」とmixiでの「フレンズ」との違い。
・日本人と欧米人における発言に対するスタンスの違い。
・日本人の俳句や短歌文化が140文字制限にあっている。
などなどです。まだ、ツイッターを使い慣れてないせいか、使い方よりも企業のマーケティングツールとしての使い方や文化的な考えが面白かったです。
とりあえず、ツイッターを使う上での目標としては、
① フォローする人を100人くらいに増やす。
② 自分もとりあえず文を書くというスタンスよりも、つぶやくというスタンスで発言を続けるようにする。
③ 上記をした上で、よい情報が集まったら活用し、発言のつながりを楽しむ
てな感じで続けたいと思いました。
ブログのように、ちょっと身構えて、自分の発表を相手に伝えるということよりも、自分の今の独り言やダメ点などをつぶやくというスタンスが大切なんですね。

ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)

ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)

  • 作者: コグレ マサト
  • 出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ
  • 発売日: 2009/10/09
  • メディア: 新書