2010年04月05日

日経新聞電子版の良さが少し分かった気がした


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


日経新聞電子版の良さが少し分かった気がした

05 0 20 36.jpg

 鳴り物入りで始まった日経新聞の電子版が発行されてから二週間近くが経ちました。

で、4月までは電子版は無料だということで早速使ってみたわけですが、最初は「あれっ?」というか、正直使いづらいなぁという印象でした。

電子版だけだと使いにくい?


僕は、元々電子版だけでなく、毎朝印刷版も届けてもらっていた日経新聞読者なのですが、この機会に全面的に電子版だけを読むようにしようかなと思ったので、紙の新聞に目を通さないでWEB版だけを読むようしたのです。

でも実際やってみたら、読みにくて数日であきらめてしまいました。

というのも、基本的に全面ビューアーで閲覧してたのですが、気になった記事のトピックスを見つけてそこから記事を拡大するというクリック動作も面倒だし、新聞記事は一つの記事ごとに色々な形があるので、それを読んでいくのも面倒だったのです。

新聞の長所は、一定の時間に万遍無い情報を集められる事なので、印刷版のように、目の動きだけで、トピックスの把握と、その記事の内容が読める方が優れていると思います。

若手ほど、リアル版の方が良いと思う


また、ネット上の著名人の方、例えばイソログさんとか、堀江さんとか子飼弾さんとかは、記事のトピックスだけを追っていき、気になった内容だけをtwitterやブログなどのwebで代替すれば良いらしいですが、あの方達は社会事情に通じ、情報収集力にも優れているのでそれだけで十分な情報収集が出来ると思います。多分、記事のトピックスを見ただけで、その内容も大体は理解してるから内容を読む必要が無いのだと思います。

でも、僕も含めてですが、まだ情報の取捨選択が不十分な若手だと、トピックスを見ただけだと、往々にして新聞記事の内容がぼやけている場合が多いので、やはりその記事の内容も一緒に眺めることが出来るリアルの印刷版を読んだ方が情報収集の効率としては良いわけです。

じゃあ、電子版の良さは?


今の時点での日経電子版のサービス内容だと、まだまだリアル版のほうが情報収集の面からは優れていると思うのですが、電子版の中で良いなと思った点としては、

過去一週間くらいの内容を見ることが簡単に出来る。

事です。気になった内容とか広告とか頭の中にあってもメモし忘れていたりして新聞ラックをガサゴソと探すことが良くあったのですが、その必要が無くなりました。

あと、

自分に合ったおすすめ記事を順位付けで表示してくれる

ことです。

21.gif
(自分でWEB上で、いくつかの記事を読んでいるのが前提ですが)こんな風にして、その人の読んだ記事の傾向に合わせて、おすすめ記事を表示してくれる事です。

これがけっこう良いかなぁと思ったことで、電子版ならではのサービスだと思います。

このシステムがもっと進んでいって、自分に必要な情報とか、逆に足りないような情報も載せてくれて、自分専用の新聞を作り出してくれたら良いなぁと思います。経済などに関する問題も入れてくれたりしてくれると面白そう。

総合的に見て、今の時点では電子版には+1000円を払うほどの価値は無いかなとも思っているので、無料期間で電子版は解約すると思うのですが、まだまだ予定されている改良は色々あるらしいのでサービスが充実してきたらまた始めるかもしれませね。

無料で過去記事の検索(今は25件以上だと一件づつお金がかかる)や、twiterなど外部の情報との連携、iPhoneでも読めるようになったりすれば良いんですけどね〜


日経新聞の数字がわかる本 「景気指標」から経済が見える

日経新聞の数字がわかる本 「景気指標」から経済が見える

  • 作者: 小宮 一慶
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2009/08/06
  • メディア: 単行本








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

もし良ければ、RSS登録とか「いいね!」を!m(_ _)m



  このブログをRSSで購読する:




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
posted by TOKYO_SAM at 01:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフハック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

携帯なる投資家の他の記事


携帯なる投資家を検索する


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。